A2:「例1〜例5を参照下さい。 
    
例1


例2
Ep-Fe/Zn 15/CM 2:B
(電気めっき,鉄鋼素地,亜鉛めっき15μm以上,有色クロメート処理,通常の屋外での使用)
例3
Ep-Cu/Ni 5b, Cr 0.1r/:D
(電気めっき,銅合金素地,光沢ニッケルめっき5μm以上,普通クロムめっき0.1μm以上,通常の屋内での使用)

例4
Ep-Fe/ELp-Ni 15b, ICr 20
(最終めっきが電気めっき,鉄鋼素地,無電解ニッケルめっき15μm以上,工業用クロムめっき25μm以上)

例5
Ep-Al/Cu 10, Ni 10b, Cr 0.1r/:D
(電気めっき,アルミニウム合金素地,銅めっき10μm以上,光沢ニッケルめっき10μm以上,普通クロムめっき0.1μm以上,通常の屋内での使用
 

表面処理に関する一般的な質問

Q1:めっきの記号を教えて下さい。
Ep-Fe/Cu 20, Ni 25b, Cr 0.1r/:A
A1:次のような記号配置となります。
(電気めっき,鉄鋼素地,銅めっき20μm以上,光沢ニッケルめっき25μm以上,普通クロムめっき0.1μm以上,腐食性の高い屋外での使用)
めっきを表す記号 - 素地の種類を表す記号 / めっきの種類を表す記号 めっきの厚さを表す記号 めっきのタイプを表す記号 / 後処理を表す記号 : 使用環境を表す記号

電気めっき Ep
無電解めっき ELp

鉄鋼 Fe
銅・銅合金 Cu
亜鉛合金 Zn
アルミニウム・
アルミニウム合金
Al
マグネシウム・
マグネシウム合金
Mg
プラスチック PL
セラミックス CE

ニッケル Ni
クロム Cr
Cu
亜鉛 Zn
Au
Ag
Sn
工業用クロム ICr

 0.1
 5 
 10 
 20 
 40 

光沢 b
半光沢 s
二層ニッケル d
三層ニッケル t

光沢クロメート CM1
有色クロメート CM2

腐食性の強い屋外 A
通常の屋外 B
湿気の高い屋内 C
通常の屋内 D
  
 
   

FAQ ? へ戻る

FAQ ? へ戻る

A3:下記に代表的な事例を示します。特異な現象がある場合は事前にご相談願います。
  

  1.表面の傷、打痕はめっき後も残りますから、気をつけて下さい。

  2.鋼材の場合、極力錆の発生していない物を御支給願います。

  3.防錆油を塗布する場合は、工程間防錆油等の粘性の小さい物を使用して下さい。

  4.電気亜鉛めっき鋼板等の上に再度めっきをする場合は、めっきむらが発生することが

    ありますので、試しめっき後に、製品のめっきをすることをお薦めします。

FAQ ? へ戻る
Q2:鍍金記号の具体例を教えて下さい。
Q3:めっきをする品物で気をつけることは何ですか?